周術期口腔ケア

患者とケアワーカー

周術期口腔ケア

近年、手術前後の口腔ケアの重要性が注目されています。

全身麻酔手術を行うと、身体の抵抗力が一時的に落ちやすく、口のトラブル(術後肺炎、歯損傷、嚥下障害など)が食欲不振や治療意欲の低下などを導きます。全身麻酔手術前に口腔内トラブルの原因を把握し、きれいにしておくことが大切です。

手術前後の口腔ケアを受けることで、肺炎などの重篤な合併症の軽減や入院期間の短縮などの効果が期待できます。

全身麻酔手術予定のある方は、担当医に一声お掛けください。